契約のための必要書類

| 未分類 |

賃貸の駐車場を利用しようとする場合、契約の方法そのものは、アパートやマンションなどの賃貸住宅を借りる場合とほとんど違いはありませんので、あらかじめ必要書類となるものを準備しておく必要があります。
例えば、借りる本人や駐車する自動車を確認し、特定するための車検証や運転免許証は必要となります。これらは現物を用意しておけば、駐車場を管理している不動産会社の事務所などでコピーして返還してもらえます。
これらが一般的には当日までに準備しておく必要書類となりますが、転居した駐車場の借主がそのまま駐車場内に古い自動車を放置してしまうなどの被害が多く、より厳格に管理をしているような不動産会社では、こうした書類に加えて、借主の住民票、印鑑登録証明書の提出を求めた上、押印も実印であることを求めるという場合もあるようです。
また、書類そのものではありませんが、実印である場合を含め、さまざまな書類に押捺するための印鑑や、月末までの期間の日割り計算にした駐車場使用料、賃貸住宅でいえば敷金にあたるような使用料1か月分程度の前払金、不動産会社の仲介手数料など、若干の金銭が必要となりますので、あわせて準備をしておくことが求められます。