種類と形

| 未分類 |

駐車場というものは、形状や用途などによってさまざまな種類に分かれており、それぞれに使用する上での、また経営する上での特徴を秘めているものです。
平面駐車場は、平地に車が駐車するスペースを区画したもので、屋根がないものはいわゆる青空駐車場にあたります。最低限、砕石を敷くなどして地面がぬかるんだり車輪が沈み込んだりするのを防ぐだけでも立派に機能します。賃貸とする場合には、入口に機械を設置するか、それぞれの区画ごとに機械を設置するだけでよく、初期的な設備工事費や人件費などのランニングコストまで低く抑えることが可能といった特徴があります。このため、遊休土地を時間貸しで使うなどの目的でよく用いられていますが、面積の大小がそのまま収容台数の多寡につながるという欠点もあります。
立体駐車場は、建物のなかに重層的に駐車スペースを配置したもので、建物内をドライバーが自走して駐車スペースまでたどりつく自走式、昇降機で車を適当な駐車スペースに格納する機械式の両方があります。いずれの場合も土地を有効活用して、少ない面積でもより多くの台数を駐車させることができるというメリットがあることから、都市部で本格的に駐車場経営をする場合などには向いていますが、それなりのコストが必要という欠点もあります。